小児歯科なら千種区覚王山の覚王山歯科

〒464-0835 名古屋市千種区御棚町1-36
 T・ファイブビル2F

小児歯科 PEDIATRIC

当院の小児歯科

まずは歯科医院に
慣れていただくことから始めます

お子さんは一度でも歯科医院で怖い思いをしてしまうと次からは嫌がって通ってくれなくなります。
そして、大人になってからも通院しなくなってしまいむし歯や歯周病で歯がボロボロになってしまう可能性もあります。
お子さんが歯科医院への苦手意識を抱かないようにコミュニケーションを大切に、楽しく通って頂ける雰囲気づくりを心掛けています。
強い痛みがあるなどの緊急時を除いて、泣いているお子さんを無理やり治療するようなことはしませんのでご安心ください。

お子さんやお子さん連れでも
通いやすい環境です

キッズスペース

ファミリースペース

当院では待ち時間もお子さんが退屈しないようにキッズスペースを完備しています。
また、治療中も親御さんとお子さんが同じ空間で過ごすことができるファミリースペースも完備しています。
お子さんの様子が気になる場合も安心して治療を受けていただけます。

むし歯予防

フッ素塗布

フッ素はミネラルの一種で歯の表面に塗ることで、むし歯菌の付着や繁殖を防ぎます。
また、乳歯や生え変わったばかりの永久歯の歯質は弱いですが、フッ素を塗布することでむし歯への抵抗力を高めることができます。定期的にフッ素塗布を行ってむし歯菌に抵抗できる強い歯を作っていきます。
当院では、お子さんの好みに合わせて2種類のフッ素をご用意しています。

ミラノール

ミラノールとは、ご自宅で使用するフッ素のうがい薬です。
専用ボトルにミラノールを入れて水で薄めてうがいをするだけで、歯みがきが届きにくいところにも成分が行き渡ります。
歯科医院での定期的なフッ素塗布と、ミラノールでのご自宅でのケアの両方行うことでむし歯予防効果がとても高くなります。無味無臭なので安心してお使いいただけます。

シーラント

シーラントとは、デコボコした歯の溝をフッ素配合した樹脂で埋めることでむし歯ができにくくする方法です。
特に奥歯は表面溝が深く複雑な形状をしているため、むし歯になりやすいと言われています。フッ素配合した樹脂で歯の溝を埋めて、むし歯になりにくい歯を作っていきます。

ブラッシング指導

お子さんのお口の状態を確認しながら、汚れが残りやすいところやむし歯になりやすい部分の磨き方をアドバイスいたします。
幼少期から正しいブラッシング方法で歯磨きを続けることで、大人になってからもむし歯のない健康な状態を維持しやすくなります。また、親御さんの仕上げ磨きの方法や歯ブラシの選び方もアドバイスいたします。

Point

ご家庭でできる
むし歯予防のポイント

  • 小学校低学年までは寝る前の歯磨きは親が仕上げ磨きをしてあげてください。
  • 磨いた後は食べ物やジュースを与えないでください。お茶やお水は大丈夫です。
  • フッ素入り歯磨き剤・フッ素のうがい薬を使用して毎日フッ素を使うようにしましょう。
  • キシリトール100%入りのガムやタブレットを利用しましょう。
  • 甘いものを与える時は回数と時間を決めて与えましょう。また、与える回数は減らしましょう。

お子さんの歯並びについて

お子さんの歯並びで
気になる場所はありませんか?

歯並びが悪くなる原因は指しゃぶりや口呼吸などの悪い癖や食事の際の姿勢が影響しています。
お子さんの矯正治療は、顎の成長に合わせて行うことができるため、痛みが少なく抜歯の可能性も低いので負担が少ないです。
お子さんの歯並びで気になることがありましたらお気軽にご相談ください。